ページの先頭です

風しん抗体検査実施のお知らせ

2017年4月13日

ページ番号:259312

 風しんの抗体がない妊娠中(とくに初期)の女性が風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんに先天性風しん症候群(難聴・心疾患・白内障等の症状)が現れることがあります。

 大阪市では、先天性風しん症候群を予防するための対策として、風しん抗体検査を実施しています。検査の結果、風しん抗体が十分でない場合はワクチン接種をご案内します。

 

 

お知らせ(ちらし)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

対象者

希望する検査日において大阪市民(住民登録のある方)で、次のいずれかに該当する方とします。

  • 妊娠を希望する女性
  • 妊娠を希望する女性の配偶者(妊婦の配偶者を含む)

ただし、上記対象者のうち、次のいずれかに該当する場合は対象外とします。

(1)過去に風しんの抗体検査を受けたことがある方 (例:過去に妊婦健康診査で風しん抗体検査を受け、結果が判明している方など)

(2)麻しん風しん混合(MR)ワクチン又は風しんワクチン接種歴が2回以上ある方

(3)平成25年度以降に実施した風しんワクチン接種費用助成事業により麻しん風しん混合(MR)ワクチン又は風しんワクチンを接種したことがある方

(4)風しんにかかったことがある(確定診断を受けた既往がある)方

実施期間

平成30年3月まで

各区保健福祉センターで月2回実施しています。(予約制)

検査費用

無料

実施場所

各区保健福祉センター(各区役所保健福祉課、又は健康課)

各実施場所における日程の詳細についてはこちらをご参照ください。

※検査は居住区以外の各実施場所でも受けることができます。

【大阪市内に警報が発令されている場合の区役所保健福祉課(又は健康課)での風しん抗体検査について】

台風の接近等に伴い、大阪管区気象台が大阪市内に警報を発令している場合の風しん抗体検査の取扱いを次のとおりとしますので、ご注意願います。
午前7時の段階で暴風警報もしくは特別警報が発令されている場合…午前の検査を中止とします。
午前11時の段階で暴風警報もしくは特別警報が発令されている場合…午後の検査を中止とします。

検査内容

血液検査による風しん抗体検査(HI法)を行います。

各実施場所で採血を行い、検査機関で抗体検査を行います。

申込方法等

予約制となりますので、ご希望の検査日の3開庁日前までに電話等で各区保健福祉センター(区役所保健福祉課、又は健康課)へお申し込みください。

※各実施場所における1回あたりの実施できる人数には限りがありますので、予約状況によっては別の日程をご案内することがあります。

※開庁日とは月曜日から金曜日(祝日、休日、年末年始を除く)です。

検査結果

検査結果は概ね4週間以内に郵送で通知します。

抗体価の低い方は、大阪市で平成26年4月から実施している「風しんワクチン接種費用助成事業」をご活用ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

似たページを探す

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 健康局大阪市保健所感染症対策課感染症グループ

住所:〒545-0051 大阪市阿倍野区旭町1丁目2番7-1000号(あべのメディックス11階)

電話:06-6647-0656

ファックス:06-6647-1029

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示