ページの先頭です
メニューの終端です。

6月は「食育月間」!毎月19日は「食育の日」!

2022年6月2日

ページ番号:451515

「食育月間」と「食育の日」

食育とは

食育基本法 前文より

  • 「生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきもの」
  • 「様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること」

6月は食育月間、19日は食育の日

 第4次食育推進基本計画別ウィンドウで開くでは、毎年6月を「食育月間」、毎月19日を「食育の日」と定めています。 

 「食育月間」や「食育の日」をきっかけに、普段の食生活を見直し、できることから始めてみませんか。

第3次大阪市食育推進計画

ゲンキをつくろう! かしこく食べよ!おおさかし

バランスよく食べよう

栄養について知りたい情報

皆さんはバランスよく食事をたべていますか?

東成区の区民アンケートでは、「栄養バランスについての情報」を知りたい、という割合が一番高い結果でした。

バランスよく食事をとることは、肥満や骨粗しょう症、生活習慣病の予防につながります。

バランスよく食事をとるためのポイント

★主食・主菜・副菜をそろえよう

「主食」・・・ごはん、パン、めん類を主な材料にした料理

「主菜」・・・肉、魚、卵、大豆、大豆製品を主な材料にした料理

「副菜」・・・野菜、きのこ、いも、海藻等を主な材料にした料理

主食+主菜+副菜+牛乳・乳製品・果物

主食・主菜・副菜がそろうと、バランスのよい食事をとることができます。また、果物や牛乳・乳製品を加えて、さらにバランスがよく食べるための工夫をしましょう。

手軽に主食・主菜・副菜を組み合わせる方法

主食・主菜・副菜を一つに盛り合わせる料理や、主食・主菜・副菜の食材で一つの料理を作ることでも、バランスを上手にとることができます。時間がないなど料理をするのが大変なときは、食品の選び方や作り方を工夫しましょう。


★1日350グラムの野菜をとろう


野菜の1日にとりたい量は350グラムとされています。
小鉢1皿70グラム程度の野菜料理を、1日5~6皿とるように意識しましょう。

★適塩を心がけよう


調味料は控えめに。しょうゆやソースは、かけずに小皿に入れてつけましょう。


めん類を食べるときは、汁を飲む量を最小限にしましょう。


市販の弁当やレトルト食品等を利用するときは、食品に表示されている栄養成分を参考に、よく見て考えて選びましょう。


肉加工品や練り製品、塩干品など、意外に塩分が高い食品があります。食べる量や回数が多くならないよう気をつけましょう。

さらに考えてみよう!食事のこと

朝ごはんを食べよう


適切な栄養摂取・食事リズムは基本的な生活習慣を身につけるためにも重要です。
毎日朝食を食べると・・・
・栄養バランスがとりやすくなる
・早寝、早起きの生活リズムが作られる
・心の健康が保たれる
・学力や体力にいい影響がある  など、いいことがたくさんあります。

簡単にできる朝食レシピ

野菜を食べよう

野菜には、ビタミンやミネラル、食物繊維がたくさん含まれています。ビタミンやミネラルは、体調を整えるためにかかせない栄養素ですが、体内で作ることができないため、食事から摂ることが大切です。

「たっぷり食べよう野菜メニュー」

大阪市公式クックパッドキッチン


かしこく食べよう!ゲンキをつくろう!

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市東成区役所 保健福祉課健康推進

〒537-8501 大阪市東成区大今里西2丁目8番4号(東成区役所2階)

電話:06-6977-9882

ファックス:06-6972-2781

メール送信フォーム