ページの先頭です

2025年日本国際博覧会の開催に向けた取組

2024年1月17日

ページ番号:397329

新着情報

大阪・関西万博におけるパビリオン建設の円滑化に向けた工事環境等の改善に関するお知らせ

 大阪・関西万博におけるパビリオン建設の円滑化に向けた工事環境等の改善に関するお知らせについては、以下のページをご確認ください。

大阪・関西万博における仮設建築物に関するお知らせ

 大阪・関西万博における仮設建築物の手続きや取扱いについては、以下のリンク先をご確認ください。

 大阪市計画調整局ホームページ「大阪・関西万博における仮設建築物について

概要

大阪・関西万博ロゴマーク
別ウィンドウで開く
  • 名称:2025年日本国際博覧会(略称「大阪・関西万博」)
     EXPO 2025 OSAKA, KANSAI, JAPAN
  • 開催期間:2025年4月13日から2025年10月13日まで
  • 開催地:夢洲(大阪府大阪市)
  • テーマ:いのち輝く未来社会のデザイン(Designing Future Society for Our Lives)
  • サブテーマ:Saving Lives(いのちを救う)、Empowering Lives(いのちに力を与える)、Connecting Lives(いのちをつなぐ)
  • 想定入場者数:約2,820万人

 詳しくは、下部「国際博覧会の実施主体と内容について」内のリンクをご参照ください。

テーマ「いのち輝く未来社会のデザイン(Designing Future Society for Our Lives)」について

 「いのち輝く未来社会のデザイン」というテーマは、人間一人一人が、自らの望む生き方を考え、それぞれの可能性を最大限に発揮できるようにするとともに、こうした生き方を支える持続可能な社会を、国際社会が共創していくことを推し進めるものです。

 言い換えれば、大阪・関西万博は、格差や対立の拡大といった新たな社会課題や、AIやバイオテクノロジー等の科学技術の発展、その結果としての長寿命化といった変化に直面する中で、参加者一人一人に対し、自らにとって「幸福な生き方とは何か」を正面から問う、初めての万博です。

 近年、人々の価値観や生き方がますます多様化するとともに、技術革新によって誰もがこれまで想像しえなかった量の情報にアクセスし、やりとりを行うことが可能となっています。このような進展を踏まえ、大阪・関西万博では、健康・医療をはじめ、カーボンニュートラルやデジタル化といった取組を体現していくとともに、世界の叡智とベストプラクティスを大阪・関西地域に集約し、多様な価値観を踏まえた上での諸課題の解決策を提示していきます。

開催の意義

  • いのち輝く未来社会へ
  • SDGs達成・SDGs+beyondへの飛躍の機会
  • Society5.0実現に向けた実証の機会
  • 日本の飛躍の契機に

開催目的

 「万博」には、人・モノを呼び寄せる求心力と発信力があります。

 この力を2020年東京オリンピック・パラリンピック後の大阪・関西、そして日本の成長を持続させる起爆剤にします。

万博推進局の共同設置について

 2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の開催準備が本格化していくなか、多岐に渡る関係先との調整や開催準備を一元的にスピード感を持って行うため、2022年1月1日(土曜日)に大阪府市の万博関係部門を統合し「万博推進局」を共同設置しました。

国際博覧会の実施主体と内容について

実施主体

関係先

想定スケジュール

2025年大阪・関西万博開催(2025年4月13日から10月13日まで)までの想定スケジュール

主な活動内容

2025年日本国際博覧会PR動画

機運醸成の取組み

  • 大阪・関西万博 情報発信サイトについて別ウィンドウで開く

    大阪府・大阪市では、大阪・関西万博の開催に向けて、大阪府内各地で開催される「万博を盛り上げるイベント」の情報発信をしていますので、こちらをご覧ください。

  • 大阪・関西万博の機運醸成の取組み

    大阪府・大阪市では、大阪・関西万博開催に向けて、様々な機運醸成のための取組みを行っています。 大阪府・大阪市の取組みのほか、みなさまに参加いただける取組み、民間事業者のみなさまに参加いただける取組み、自治体のみなさまに参加いただける取組みについてはこちらをご覧ください。

大阪・関西万博ボランティア

大阪・関西万博ボランティア 専用ホームページの開設

 2025年大阪・関西万博では、「いのち輝く未来社会のデザイン」のテーマを実現するため、様々な方に参加いただけるプログラムが用意されています。

 そのひとつとして、大阪府・大阪市と公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は、国内外から万博会場や大阪・関西を訪れる方々に、万博会場での案内・歓迎、主要駅や空港等まちなかでの万博情報などの案内、大阪ヘルスケアパビリオンでの来館者サポート等を行っていただくボランティアを令和6年1月中旬より募集します。

 このたび、募集に先駆けて、令和5年12月20日(水曜日)14時に、同ボランティアの専用ホームページ別ウィンドウで開くを開設しました。

 ボランティア募集の詳細等については、令和6年1月中旬に、同ページ別ウィンドウで開くに掲載していきます。

バーチャル大阪

バーチャル大阪の概要

 バーチャル大阪は、万博開催に先がけ、大阪の都市魅力を国内外に発信し、万博への期待感を高めるとともに、“City of Emergence”(創発する都市)をテーマに、様々な人が集まり、一人ひとりの新たな体験や表現を通じ、大阪の新たな文化の創出・コミュニティの形成にも寄与するため構築する都市連動型メタバースです。
 自宅や外出先から多様なデバイスを使用してバーチャル大阪に参加することで、リアルタイムで世界中の人とコミュニケーションを取りながら、バーチャル音楽ライブ等のエンタメコンテンツやアバターを介したユーザー自らの創作活動など、様々な楽しみ方を体験いただけます。
 今後、エリア拡張や様々なイベントの展開を通じ、世界に向け大阪、そして日本の魅力、技術およびビジョンを発信していきます。

バーチャル大阪公式サイト

バーチャル大阪

パビリオン等地元出展に関する検討

大阪・関西万博におけるパビリオン等地元出展に関する情報収集について

 大阪府・大阪市は2025年大阪・関西万博におけるパビリオン等地元出展を検討するにあたり、懇話会における円滑な議論及び出展参加基本構想検討を進めるうえで必要な情報を得るために、より魅力的で現実性の高い出展内容・コンテンツの検討に資することを目的とした情報収集業務を行いました。

大阪・関西万博におけるパビリオン等地元出展に関する情報収集の結果について

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

これまでの誘致活動について

要望活動について

SNS

万博についての基礎知識

予算に関する情報

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • Xでポストする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声へお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 万博推進局総務企画部企画課

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルO's棟北館4階

電話:06-6690-7556

ファックス:06-6690-7805

メール送信フォーム