ページの先頭です

『30・10(さんまるいちまる)運動』で残さず食べましょう!

2019年3月20日

ページ番号:380895

『30・10(さんまるいちまる)運動』とは

 会食や宴会の時の、『最初の30分間と最後の10分間はお料理を楽しむことで食べ残しを減らしましょう』という運動です。

 食料の多くを輸入に頼りながら、大量の食べ物が捨てられていることは、「もったいない」だけでなく、地球環境にも大きな影響を及ぼします。 

 「30・10(さんまるいちまる)運動」は、そんな食べられるのに廃棄されてしまう「食品ロス」削減の取組みとして、多くの自治体で実施されています。

 宴会の時以外にも、外食する時には食べきれる量を注文するなど、残さず食べることで「食品ロス」の削減に取組みましょう。

宴会の食べ残し量は、ランチ・定食の5倍です。

会食や宴会で、楽しい会話に夢中になってお料理を残していませんか?

宴会の食べ残し量は、ランチ・定食の5倍!

せっかくの楽しい集まりを、おいしくきれいに食べきって、環境にやさしい集まりにしませんか?

会食・宴会のときには、30・10(さんまるいちまる)運動で残さず、食べましょう!!

  1. 注文するときは、食べられる量を注文しましょう。また、食べられないものは、先に伝えておきましょう。
  2. 乾杯後30分間は、席に着いて、お料理を楽しみましょう。
  3. お開きの10分前は席に戻り、お料理を残さずに食べましょう。

宴会幹事のみなさんへのお願い

  • お店の予約をするときには、食べられる量の注文をお願いします。
    参加者の年齢層や男女比、食べられないものなどを伝えて、食べられる量のお料理を出してもらうようにしてください。

  • 宴会開始時とお開きの10分前には、次のようなアナウンスで食べきりの働きかけをお願いします。
    【開始時】:「本日は、おいしいお料理を十分にご用意しました。お酌に回る前に、30分間はお席に着いて、お料理を楽しみましょう。」
    【お開き10分前】:「間もなくお開きとなりますが、テーブルの上には、まだまだお料理が残っています。今一度、お席にお戻りいただき、お料理をお楽しみください。」
ろすのん(食品ロス削減国民運動ロゴマーク)

食品ロス削減国民運動ロゴマーク「ろすのん」

歓送迎会シーズンに向けて

春の宴会シーズン、これから歓送迎会が多くなる時期です。
宴会では、注文しすぎや思い出話などおしゃべりに夢中になって、食べ残しなどの「食品ロス」が発生しやすくなります。
幹事さん、宴会に参加される方は、「30・10(さんまるいちまる)運動」を実践していただき、おいしく、きれいに食べきって、環境にやさしい宴会にしましょう。

歓送迎会も「30・10運動」を実践

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

参考

食品ロス削減のために、できることから始めよう

 大阪市の一般家庭からは、排出される普通ごみの3割以上が生ごみで、その約4割の年間約4万トンが「食品ロス」です。
 市民1人あたりにすると、1年間でごみ袋(45リットル)約2袋分に相当する食べられる食品が無駄に捨てられているのです。

 大切なのは、一人一人が「もったいない」を意識して行動することです。

知っていますか? 賞味期限と消費期限の考え方

 まだ食べられるのに捨てられている「食品ロス」の中には、賞味期限切れ前の食品や消費期限切れ前の食品も多く含まれています。

 お店で売っている食品に表示されている「賞味期限」や「消費期限」の違いを正しく理解して、食品の無駄を減らしましょう。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 環境局事業部家庭ごみ減量課市民啓発グループ

住所:〒545-8550 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号(あべのルシアス13階)

電話:06-6630-3259

ファックス:06-6630-3581

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示