ページの先頭です

避難の方法(高潮)

2021年7月16日

ページ番号:508582

避難の基本的な考え方

 高潮は、地震(津波)と異なり気象情報等をもとに早めの避難が可能です。大阪市からの「警戒レベル3や4」の発令を待つことなく、平時に決めておいた場所にゆとりをもって避難し、安全を確保しましょう。

 「避難」とは「難」を「避」けることです。安全が確保されているならば自宅で待機することも避難方法のひとつです。

 避難先は、公的な避難場所に限りません。近くの親戚・知人宅等への避難について日頃から相談しておいてください。

想定される浸水の深さや避難先は、「マップナビおおさか」「”津波・水害から命を守るために”水害ハザードマップ」「各区の防災マップ」でご確認ください。

高潮避難に関する周知チラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

避難行動判定フロー

 「自らの命は自らが守る」意識を持ち、自宅の災害リスクや、とるべき行動を平時から確認しましょう。

判定フロー

避難に関する情報

 大阪市では、気象情報などをもとに、避難情報を発令します。情報を受け取ったら、みなさんの状況に合わせたタイミングで早めに避難しましょう。

 また、避難情報を発令する前に、みなさんの身の回りで災害が起こることもあります。そのため、みずから各機関から発表される災害情報や周りの状況に注意し、危険を感じたらすぐに命を守る行動をとりましょう。

情報の種類と対応
別ウィンドウで開く

避難のときの心得

積極的に情報を入手

 災害時には様々な情報が発信されます。積極的に情報を入手し避難のきっかけをつかみましょう。

積極的に情報を入手

浸水より高い場所へ

 同じ建物でも上層階など、浸水から安全に身を守れる場所へ避難しましょう。

浸水より高い場所へ

原則歩いて避難

 やむをえず車での避難が必要な方は、高齢者等避難など、より早い段階で避難を開始してください。

原則歩いて避難

浸水した道路は通らない

 水が濁って、足元が見えにくくなります。マンホールや排水溝などに転落して危険です。

浸水した道路は通らない

低い道路は通らない

 高架下のアンダーパスなど、周囲より低く冠水しやすい道路の通行は避けましょう。

低い道路は通らない

強風のなかでの運転や避難は危険

 風の強さは避難行動に影響します。台風等で猛烈な風が吹いているときには、走行中のトラックが横転したりブロック塀や住家が倒壊を始めるおそれもあります。

強風のなかでの運転や避難は危険

自宅にとどまるなら十分な準備を

 浸水や孤立した場合には、水道や電気、ガスなどが使えなくなるおそれがあります。自宅にとどまることが可能で、自宅にとどまる場合には、飲料水や食料などの準備が必要です。

自宅にとどまるなら十分な準備を

マイタイムラインをつくろう(高潮)

 マイタイムラインは、災害時における避難に備え、あらかじめ自分自身がとる標準的な防災行動を時系列的に整理し、とりまとめるものです。

 マイタイムラインは、台風の接近等により、高潮のおそれがある時等に、自分自身がとる標準的な防災行動を時系列的に整理し、とりまとめる行動計画表です。

 急な判断が迫られる高潮発生時に、自分自身の行動のチェックリスト、また判断のサポートツールとして役立ちます。

 自分の家族構成や生活環境にあった避難に必要な情報・判断・行動を把握してマイタイムラインを作成し、自分の逃げ方を手に入れましょう。

マイタイムライン(書き込み用)
別ウィンドウで開く

NTT災害用伝言ダイヤル・災害伝言板

 大規模な災害時は、一般電話や携帯電話が制限されます。
 NTTの災害用伝言ダイヤルや携帯電話の災害伝言板を活用して、家族や友人に連絡しましょう。

災害伝言ダイヤル(171)

 NTT「171」をダイヤルし、ガイダンスにしたがって伝言を登録・再生できます。
 NTTホームページ「災害用ダイヤル(171)別ウィンドウで開く」参照

災害伝言板

 安否情報を登録すると、家族や友人が携帯電話やパソコンから確認できます。
 NTTホームページ「災害用伝言板(web171)別ウィンドウで開く」参照

高潮に備えて

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • Xでポストする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声へお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 危機管理室 

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所5階)

電話:06-6208-7388

ファックス:06-6202-3776

メール送信フォーム