ページの先頭です

障がい児の受入れ強化

2022年1月17日

ページ番号:553764

概要(説明)

大阪市では、地域社会の中で、障がいのあるこどもが仲間と共に育ち合うことを基本的な考え方として障がい児保育を行っています。

民間保育施設等において、障がい児の更なる受入れを促進するため、安全で安心な保育環境を整えることを目的とし、障がい児を受入れている民間保育施設等を対象に、特別支援保育の環境整備に必要な物品購入費を補助する制度「特別支援保育経費補助金」及び、医療的ケアを必要とする児童の受入れに対応する看護師の人件費を補助する制度「医療的ケア児対応看護師体制強化事業」を創設しています。

障がいのあるあるこどもの保育所入所についてはこちらをご覧ください。

「特別支援保育経費補助金」についてはこちらをご覧ください。

「医療的ケア児対応看護師体制強化事業」についてはこちらをご覧ください。

発端(きっかけ)は何?

障がい児の受け入れには適切な保育環境の整備が必要です。これまでも、加配保育士等の人件費補助事業は実施してきましたが、物的環境を整える為の補助事業は行っていませんでした。また医療的ケアを必要とする児童に安全・安心な保育と医療的ケアを提供するためには、保育士と看護師の2名で対応する必要がありますが、民間保育施設等では看護師の雇用経費が負担となり、受入れが進んでいない現状に対し、看護師確保の支援策を行うことについて市長からの指示がありました。今後とも安定的な障がい児の受入れを促進するために、こども青少年局において検討を行った結果、物的環境を整備する補助事業及び、人的環境にかかる新たな補助事業を開始することとなりました。

寄せられたご意見

現在のところ、特にありません。

今後の予定は?

既に民間保育施設等から申請を受け付けており、必要経費の補助を行ってまいります。

どこまで進んでいるのか?

  • 令和2年6月 「特別支援保育経費補助金」事業開始
  • 令和3年4月 「医療的ケア児対応看護師体制強化事業」事業開始

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 こども青少年局保育施策部保育所運営課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所地下1階)

電話:06-6208-8121

ファックス:06-6202-9050

メール送信フォーム