ページの先頭です

大阪”みなと”カーボンニュートラルポート(CNP)形成事業

2022年9月20日

ページ番号:557373

概要(説明)

大阪港湾局では、我が国全体の脱炭素社会の実現に貢献していくこととする国土交通省の動きを踏まえ、「大阪“みなと”カーボンニュートラルポート(CNP)検討会」を設立し、国土交通省発表のマニュアル及び施策の方向性に基づいて、大阪港・堺泉北港・阪南港におけるCNPの形成に向けての検討を行い、CNP形成計画を策定することで、府営港湾と一体となってCNPの形成を推進します。

また、この取組みにより、輸出入の99.6パーセントを取り扱い、CO2排出量の約6割を占める産業の多くが立地する港湾(国土交通省港湾局作成「カーボンニュートラルポート(CNP)形成計画」策定マニュアル(初版)より抜粋)において、脱炭素化に配慮した港湾機能の高度化等を図り、国が掲げる「2050年カーボンニュートラル」の実現に貢献します。

発端(きっかけ)は何?

2020 年10 月、菅元内閣総理大臣の所信表明演説において、「2050 年カーボンニュートラル、脱炭素化社会の実現」が宣言されました。

この実現に向けて、我が国の輸出入貨物の99.6%を取扱う国際物流の結節点であり、CO2 排出量の約6 割を占める産業拠点である港湾は、水素・燃料アンモニア等の輸入を含め、CO2 排出量削減の取組を進める上で、重要な役割を果たすことが求められています。

大阪港湾局においても、脱炭素化に配慮した港湾機能の高度化等を通じて「カーボンニュートラルポート(CNP)」を形成し、我が国全体の脱炭素社会の実現に貢献していくこととする国土交通省の動きを踏まえ、同省発表のマニュアルに基づいて「大阪“みなと”」(大阪港・堺泉北港・阪南港)におけるCNPの形成に向けての検討を行うため、関係団体・企業及び有識者等のご意見をお聴きすることを目的として、「大阪“みなと”カーボンニュートラルポート(CNP)検討会」を設立しました。

寄せられたご意見

特になし

今後の予定は?

「大阪“みなと”」(大阪港・堺泉北港・阪南港)におけるCNPの形成に向けて、関係者と検討を進めます。

どこまで進んでいるのか?

これまでの経過

会議の実施状況

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 大阪港湾局計画整備部事業戦略課

住所:〒559-0034 住之江区南港北2-1-10 ATCビル ITM棟10階

電話:06-6615-7764

ファックス:06-6615-7789

メール送信フォーム