ページの先頭です

急性アルコール中毒

2021年12月1日

ページ番号:523204

搬送された月別の件数
搬送された年齢層別の件数
行政区別救急搬送件数

急性アルコー中毒を見てみると...

  • 年間 を通じて発生しいるが、忘年会シーズンの12 月がやや多く発生 していています。
  • 年代別では 年代別では20 歳代 が最も多くなっています 。

予防のポイント

  • ゆっくり飲酒していれば、中毒症状も徐々に出現し、危険な状態になる前に飲酒を中止しやすくなります。
  • 若年層は、経験の浅さから自分の適量がわからず、無理な飲酒をしてしまうことが考えられます。
  • 本人だけでなく、一緒に飲んでいる周りの人も、節度ある飲酒について注意を払うことが重要です。
  • お酒を飲むと、足元がふらつき、注意力が散漫になり転倒が起こりやすくなります。さらに、転倒時には身体を防御するような反射的な運動が遅れ、重篤な怪我につながる恐れがあります。
  • 飲酒等でふらつきを自覚したら、駅のホームや道路の端は歩かないようにしましょう。
  • 「薬」を同時に服用しない

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページへの別ルート

表示