ページの先頭です

家庭内での溺水

2021年12月1日

ページ番号:523251

年齢層別の救急搬送人数 / 傷病程度別の割合
月別の救急搬送人数

家庭内での溺水事故を見てみると...

  • 高齢者を占める割合が圧倒的に多いです。
  • 溺水事故では重症度が極めて高いです。
  • 70歳以上の中等症以上にあっては9割を超えます。

予防のポイント

  • 入浴時の脱水を防ぐために、入浴前後に水分を補給する。
  • できればお風呂場の中も温かくしておく。
  • 長湯を避ける。
  • 湯の温度は41℃以下にする。
  • 意識がなくなりかければ、栓を抜いて助けを求める。
  • 飲酒後や体調が万全でないときは入浴しない。
  • 家人がいれば、入浴中の声かけを徹底する。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。