ページの先頭です

特定健診

2018年4月1日

ページ番号:370235

概要・内容

特定健診は、メタボリックシンドロームに着目した健康診査です。内臓脂肪の蓄積を把握することにより、糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病の予防を図ることを目的としています。

また、特定健診の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対し、生活習慣を見直すサポートとして特定保健指導を行います。

※詳しい内容については、 「特定健診・特定保健指導(厚生労働省)」別ウィンドウで開く をご覧ください。

実施場所

大阪府内の取扱医療機関 (約4,500ヶ所)

大阪市内の集団健診会場


※お住まいの区以外の取扱医療機関や集団健診会場でも受診できます。

※集団健診は、大阪市内に午前7時時点「暴風警報」もしくは「特別警報」が発表されている場合は中止となります。

実施期間

平成30年度の特定健診実施期間は、以下のとおりです。

受診券がお手元に届いてから平成31年3月31日まで

※受診券は、4月下旬に対象者分の受診券を世帯ごとに送付します。(年度途中に加入された方には、保険証を受け取られてから2~3ヶ月後に随時送付します。ただし、保険証の交付日が平成31年2月2日以降の方は、年度中に受診券をお送りすることができません。)

※年度中に大阪市内で転居された場合は、転居の手続きを済ませたうえで元の区で発行された受診券をご使用ください。(受診券は一人1枚しか発行しません。)

対象者

大阪市国民健康保険にご加入の、40歳から74歳までの方(年度中1回)


※平成30年4月1日から平成31年3月31日までの間(平成30年度)に40歳の誕生日を迎える方も、平成30年4月下旬から受診できます。

※大阪市国保の特定健診は、受診券をお持ちの国民健康保険加入者が対象となります。後期高齢者医療保険(75歳以上)、社会保険など保険が変わられた場合は、受診券をお持ちでも特定健診を受けることができません。

※今年度内に75歳の誕生日を迎える方は、誕生日の前日までに受診していただく必要がありますのでご注意ください。75歳の誕生日を迎えた方は 「後期高齢者医療健康診査」別ウィンドウで開く の対象者となります。

受診方法

取扱医療機関で受診する場合は事前に予約してください。集団健診は予約の必要はありません。


【検査前の食事の摂取等について】

血糖、中性脂肪等の検査結果に影響を及ぼすため、食事は健診の10時間前までに済ませ、その後、水以外の飲食物を摂取しないでください。

糖尿病等の治療中で、服薬方法や飲食を制限した時に注意が必要な方は必ず主治医にご相談ください。


※特定健診は、年度中に1回の受診ですので複数回受けた場合は、健診費用を返還していただきます。

※大阪市国民健康保険の 1日人間ドック は、特定健診とのセット受診のため、先に特定健診を受診すると1日人間ドックはご利用できません。

※詳しい内容については、 「国保健診ガイド」 をご覧ください。

利用料(費用)

費用は無料です。

持ち物

ご希望の実施場所に、下記のものを持参し、健診を受けてください。

  1. 受診券(紛失された方は、お住まいの区の区役所保険年金業務担当で再発行ができます。)
  2. 保険証、または、資格証明書
  3. 個人票(受診券と一緒に送付しています。)
  4. 前年度の健診結果(お持ちの方のみ)

※前年度の健診結果をお持ちの方は、「詳細な健診」の実施判定に使われますので、ご持参ください。

健診項目


【基本的な健診】

基本項目
質問(問診)
身体計測(身長/体重/BMI/腹囲)
理学的検査(身体診察)
血圧測定
尿検査尿糖/尿蛋白
血液検査脂 質

中性脂肪/ HDLコレステロール/LDLコレステロールまたはNon-HDLコレステロール

肝機能GOT(AST)/GPT(ALT)/γ-GTP(γ-GT)
血 糖血糖/ヘモグロビンA1c
腎機能血清クレアチニン(eGFR含む)/血清尿酸


【詳細な健診】

・貧血検査(ヘマトクリット値・血色素量・赤血球数)

貧血の既往歴のある方または視診等により貧血が疑われる方で、医師が必要と判断した場合に実施します。

・心電図検査

当該年度の特定健診の結果等において、次の基準に該当する方、または、不整脈が疑われる方で、医師が必要と判断した場合に実施します。
〈血圧〉収縮期血圧:140mmHg以上又は拡張期血圧:90mmHg以上

・眼底検査

当該年度の特定健診の結果等において、次のいずれかの基準に該当する方で、医師が必要と判断した場合に実施します。
〈血圧〉収縮期血圧:140mmHg以上又は拡張期血圧:90mmHg以上
〈血糖〉空腹時(または随時)血糖:126㎎/dl以上、またはヘモグロビンA1c:6.5%以上(NGSP値)
血圧の基準に該当せず、かつ血糖検査の結果が確認できない場合は、前年度の健診結果等において血糖検査の基準に該当する方を含む

※平成30年度は、心電図検査・眼底検査について、前年度の健診結果等をお持ちいただいた方で、前年度の実施基準に該当し、医師が必要と判断した場合でも実施します。


健診結果

受診した健診機関から健診結果をお返しします。  
健診の結果から特定保健指導の対象かどうかを判定し、健診の約2~3か月後に、「特定健康診査受診結果通知表」と、特定保健指導に該当された方には「特定保健指導利用券」を送付します。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)別ウィンドウで開くの対象となられる場合は、確定申告の際、特定健診結果が必要となる場合がありますので、健診結果は大切に保管してください。

未受診の方への電話によるご案内

前年に特定健診を受診されていない40歳から73歳の方に、電話により受診をお勧めしています。

「特定健診受診勧奨コールセンター(フリーダイヤル0120-963-947)」からお電話します。

※上記フリーダイヤルは、特定健診のお問い合わせ先ではありませんのでご注意ください。

実施期間:平成30年5月21日から平成31年1月31日(12月29日から1月3日を除く)

架電時間:9時から20時(土日祝日を含む)

・本業務は、日本ATMヒューマン・ソリューション株式会社に委託し、実施しています。

特定健診・特定保健指導に関するホームページ リンク集

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

福祉局 生活福祉部 保険年金課 保健事業グループ
電話: 06-6208-9876 ファックス: 06-6202-4156
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所4階)