ページの先頭です

古紙・衣類の分別収集

2016年12月20日

ページ番号:369372

古紙・衣類の収集日(週1回)

収集日については、ごみの収集曜日のページをご覧ください。

ごみ出しに便利なスマートフォン用ごみ分別アプリをご利用ください

スマートフォン用ごみ分別アプリを配信しています(無料)

 ごみ分別検索や収集日カレンダーなど便利で分かりやすい機能を搭載しています。
 「ごみ出し日はいつ?」「これは何ごみ?」
 そんな疑問を解決します。

古紙・衣類の分け方

1.新聞・折込チラシ


 片手で持ち上げられる量を4つ折りにし、ひもで束ねてお出しください。
 または、新聞販売店で配られている透明もしくは半透明の新聞回収袋でお出しください。

2.段ボール


 粘着テープ・カーボン紙(宅配伝票など)をはがし、10枚程度を折りたたみ、ひもで束ねてお出しください。
 ※簡単に取れない金属製の留め具は外さなくてもかまいません。

3.紙パック


 紙パックマークの表示があるものが対象です。


 水洗いして開き、乾かしてひもで束ねるか、中身の見えるごみ袋に入れてお出しください。

4.雑誌


 週刊誌・専門誌・漫画本・単行本・カタログ・教科書・パンフレット・辞典など


 片手で持ち上げられる量を、ひもで束ねてお出しください。
 ※雑誌をとじている留め具はそのままでお出しださい。

5.その他の紙


紙箱(たたんでお出しください)・紙袋・ダイレクトメール・包装紙


 シュレッダーした紙・コピー用紙・メモ用紙・はがき・封筒(窓付封筒のセロハン部分は切りとって普通ごみにお出しください)
 ※対象外のものを除き、「新聞・折込チラシ」、「段ボール」、「紙パック」、「雑誌」以外の紙は、「その他の紙」でお出しください。


 大きさをそろえてひもで束ねるか、中身の見えるごみ袋に入れてお出しください。

6.衣類


 ジャケット・シャツ・セーター・コート・スカート・ズボン・ジーンズなど
 洗濯し、乾かしてから、中身の見えるごみ袋に入れてお出しください。
 衣類については、濡れていると再資源化に支障をきたすため、雨など衣類が濡れないように袋の口をしっかり閉じてお出しください。
 ※下着類も「古紙・衣類収集」の対象です。ただし、小袋に入れるなど見えないようにして、「普通ごみ」にお出しいただいても構いません。

対象外のもの

汚れたものは、品目に関わらず古紙・衣類収集の対象外です。普通ごみにお出しください。

  • 対象外の段ボール
    アルミコーティングやワックス加工された段ボール
  • 対象外の紙パック
    内側がアルミコーティングされた紙パック、紙パックマーク表示のないもの
  • 対象外の雑誌
    紙以外の部分(ビニール製や布製の表紙、雑誌の付録(DVD)など)
  • 対象外のその他の紙

 紙リサイクルマークがついていても、製紙原料にならないものも含まれます。


【対象外のその他の紙1】
 油や食べ物の残りかすが付着した紙・紙おむつ・ティッシュペーパー等の衛生紙・防水加工された紙(紙コップ、カップめん、アイスクリームやヨーグルトの容器など)・においのついた紙(洗剤や線香の紙箱、石鹸の包装紙など)


【対象外のその他の紙2】
 圧着はがき・写真、写真プリント用紙・カーボン紙、ノンカーボン紙(宅配便の複写伝票など)・感熱紙(ファックス用紙、レシートなど)・銀紙・捺染紙(アイロンプリント紙など)・感熱発泡紙(点字などに使用する加熱すると盛り上がる紙)

  • 対象外の衣類
    作業服、革製衣類、ダウンジャケット、綿(わた)入りのもの、ビニール製のもの(合羽など)、衣類以外のもの(タオル・シーツ・カーテンなど)

古紙・衣類の出し方

  • 新聞・折込チラシ、段ボール、紙パック、雑誌、その他の紙、衣類を品目ごとに6分別して、収集日の午前9時までにお出しください。雨の日でも収集します。
  • 普通ごみ・資源ごみ・容器包装プラスチック収集と古紙・衣類の収集日が重なっている場合は、場所を少し離してお出しください。
  • 汚れたものは品目に関わらず古紙・衣類収集の対象外となります。普通ごみにお出しください。
  • 段ボール、その他の紙については、車を分けて収集する場合があります。
  • 分け方・出し方のルールが守られていない古紙・衣類は、リサイクルに支障をきたすため、シールを貼って残置します。
  • お住まいの地域で資源集団回収活動に取り組まれている皆さんは、資源集団回収に古紙・衣類をお出しください。(大阪市では、資源集団回収活動に取り組む団体への支援制度を設けています。詳しくは資源集団回収活動についてのページをご覧ください。)
  • 引っ越しや大掃除などで一時的に多量に古紙・衣類を出す場合は、民間の再生資源事業者に収集を依頼して下さい。(料金や収集条件は、業者によって違いますので、直接、再生資源事業者にお問合わせてください。)
  • 大阪市内で古紙などの資源を回収している再生資源事業者の情報は、家庭から出された古紙等を取り扱いできる再生資源事業者一覧のページをご覧ください。

リサイクルの流れ

古紙・衣類のリサイクルの流れについては、古紙・衣類分別収集のゆくえのページをご覧ください。

資源の持ち去りはおやめください

大阪市からのお願いです。詳しくは、資源の持ち去りはおやめくださいのページをご覧ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 環境局事業部家庭ごみ減量課市民啓発グループ

住所:〒545-8550 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号(あべのルシアス13階)

電話:06-6630-3259

ファックス:06-6630-3581

メール送信フォーム