ページの先頭です

下水道分野(建設局)の海外展開に向けた取組み

2017年3月27日

ページ番号:141895

 
 大阪市建設局では、下水道分野の海外展開の取組みとして、ベトナム、ミャンマーにおける技術協力や国際協力機構(JICA)の研修受入れ等を実施してまいりました。本市は今後も引き続き、途上国の水・環境問題の課題解決に向けて貢献してまいります。

ベトナムにおける主な取組み

「ホーチミン市人民委員会と大阪市との主要分野における協力関係に関する覚書」を締結

 ベトナム国・ホーチミン市において、ホーチミン市人民委員会との間で、環境保全・水道・都市洪水対策・下水道・廃棄物処理などの都市インフラ開発に関する技術協力を促進する覚書を平成23年7月7日に締結しました。(平成28年3月29日にホーチミン市人民委員会委員長が来阪し覚書を更新

ホーチミン市を対象とした下水道による浸水対策事業の調査(平成23年5月~平成24年3月)

 国土交通省が公募した「ベトナム国における都市浸水対策モデルプロジェクト形成支援業務」について、大阪市が参加する官民連携チームの提案が採択されました。
 急激な経済発展を遂げる一方、浸水被害が頻発するホーチミン市を対象として、本市が過去より浸水被害を緩和・解消してきた経験を活かした、浸水対策のモデル事業形成にむけた基礎調査を実施し、浸水対策に関する技術セミナーも開催しました。

ホーチミン市を対象とした浸水対策事業導入の検討について(平成24年9月~平成25年3月)

 国土交通省が公募した「ベトナム国におけるPPP手法による都市浸水対策事業導入可能性検討業務」について、大阪市が参加する官民連携チームの提案が採択されました。
 ホーチミン市における都市排水システムの脆弱性を補うため、都市浸水対策のモデルプロジェクトを提案し、併せてPPP手法の都市浸水への導入可能性を検討しました。

下水汚泥処理に関する調査の実施について(平成25年11月~平成26年3月)

 国土交通省が公募した「ベトナムにおける本邦下水汚泥処理技術普及方策検討業務」について、大阪市が参加する官民連携チーム提案が採択されました。

ベトナム国ホーチミン市へ技術職員を長期派遣(平成23年9月15日~平成26年8月31日)

 「ベトナム社会主義共和国ホーチミン市人民委員会と日本国大阪市との主要分野における協力関係に関する覚書」に基づく技術協力の一環として、技術職員2名を2年間にわたり、独立行政法人国際協力機構(JICA)の「ホーチミン市下水管理能力開発プロジェクトフェーズ2」に基づき、ホーチミン市へ下水道の長期専門家として派遣しました。

JICA草の根技術協力事業(地域提案型)の実施について(平成25年6月~平成28年3月)

CLAIRホーチミン市下水管渠管理改善事業の実施について(平成28年5月~平成29年3月)

 自治体国際化協会(CLAIR)の自治体国際協力促進事業(モデル事業)について、大阪市と一般財団法人都市技術センターが提案した「ホーチミン市下水管渠管理改善事業」が採択されました。

 本事業はホーチミン市下水道部局に対して大阪市がこれまでに培ってきた老朽管現状調査と管渠マネジメントに関する技術移転を目的として実施するもので平成28年度に現地活動を実施しました。

「ホーチミン市非開削下水道管路更生計画」協力準備調査の実施について(平成28年8月~平成29年9月)

 地方自治体と連携した無償資金協力事業として、大阪市からJICAに「ホーチミン市での非開削下水道管路更生計画」を提案したところ、第1号プロジェクトとして採択されました。プロジェクトの実施に向けた協力準備調査に、大阪市がプロジェクト提案者としてJICAに対してアドバイザリー協力を行うとともに、JICAより公募により選定された一般財団法人都市技術センターを含む共同企業体が詳細検討を実施しました。 (第1回現地調査)

 また、調査の開始に先立ち平成28年9月に大阪市長による現地視察(平成27年度「JICA民間技術普及促進事業」を活用した管路更生工法のパイロット施工現場)を行いました。


ミャンマーにおける主な取組み

ヤンゴン市を対象とした下水道整備計画の策定について(平成24年6月~平成25年3月)

 国土交通省が公募した「平成24年度ミャンマー国下水道整備計画等策定業務」について、大阪市が参加する官民連携チームの提案が採択されました。
 ミャンマー国ヤンゴン市における雨水排水及び下水道施設の現状、今後の施設整備や維持管理等に係る課題を調査し、本邦技術を効果的に活用した整備計画手等を策定・提案しました。

ヤンゴン市を対象とした汚水処理改善事業の実施について(平成25年6月~平成26年3月)

 一般社団法人自治体国際化協会(CLAIR)が公募した「自治体国際協力促進事業(モデル事業)」について、大阪市と一般財団法人都市技術センターが提案した「ミャンマー国・ヤンゴン市汚水処理改善事業」が採択されました。
 本事業は、将来的なヤンゴン市の下水道施設等の計画や維持管理の発展に繋げていくことを目的とし、大阪市の経験やノウハウについての研修を実施しました。

「ヤンゴン市と大阪市との主要分野における協力関係に関する覚書」を締結

 ミャンマー国・ヤンゴン市において、ヤンゴン市都市開発委員会との間で、上下水道・廃棄物処理・都市計画・都市開発などの都市インフラ開発に関する技術協力を促進する覚書を平成26年9月25日に締結しました。

JICA草の根技術協力事業(地域経済活性化特別枠)の実施について(平成26年10月~平成28年12月)

 国際協力機構(JICA)の草の根技術協力事業(地域経済活性化特別枠)として、大阪市と一般財団法人都市技術センター、積水化学工業株式会社が提案した「ヤンゴン市下水道管渠維持管理・修復能力改善事業」を実施しました。 

活動実績

第1回現地活動日本での研修第2回現地活動第3回現地活動第4回現地活動

「日本の下水道技術の現地展開に向けた検討業務の実施ついて(平成28年10月~平成29年3月)」

 国土交通省が公募した「ミャンマー国における本邦下水道技術展開方策検討業務」について、大阪市が参加する官民連携チーム提案が採択されました。

これまでの調査実績

現地調査(平成28年10月)現地調査(平成29年2月)

これまでの研修受入れ実績

JICAの課題別研修「下水道システム維持管理」コース

 国際協力機構(JICA)の開発途上国に対する技術協力の一環として、大阪市では下水道事業に携わる技術系行政官を対象とした研修を平成3年度から実施しています。平成27年度までに54カ国211名の研修員を受入れています。

これまでの受入れ実績

平成24年度平成25年度平成26年度平成27年度

JICAのベトナム国別研修「下水道経営」コース(平成23年10月、平成24年8月~9月、平成26年1月、平成26年11月、平成27年11月~12月)

 国際協力機構(JICA)の技術協力の一環として、ベトナム向けに下水道経営研修を平成23年度より大阪市で実施しており、平成27年度までに49名のベトナムの研修員を受入れています。

 これまでの受入れ実績

平成23年度平成24年度平成25年度平成26年度平成27年度

JICAのベトナム国・ホーチミン市を対象としたカウンターパート研修(平成24年7月~8月、平成25年11月、平成26年6月)

 国際協力機構(JICA)の技術協力の一環として、ベトナム国・ホーチミン市の下水道及び洪水対策行政に従事する職員を対象に「JICAホーチミン市下水道管理能力開発プロジェクト(フェーズ2)カウンターパート研修」を平成24年度から平成26年度において実施し、3年間で計35名の研修員を受入れました。 

 これまでの受入れ実績 

平成24年度平成25年度平成26年度

 

その他の海外展開に関する取組み

平成23年

4月

「大阪市 水・環境ソリューション機構」設立(平成23年4月19日)

7月

ASEAN諸国トッププロモーション(7月3日~7月10日)

「シンガポール国際水週間2011水エキスポ」出展別ウィンドウで開く(7月5日~7月7日)

平成24年

4月

8月

9月

平成25年

10月

平成26年

7月

平成27年

7月

11月

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局下水道河川部水環境課

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06-6615-7594

ファックス:06-6615-7690

メール送信フォーム