ページの先頭です

カセットこんろとカセットボンベ

2018年12月18日

ページ番号:159515

「調べて、広めて、市民を守る。」 ロゴ
 「カセットこんろ」や「カセットボンベ」のことを知ろう!

「火事を知る!」

火災事例

 CASE-1

 共同住宅の台所で、カセットこんろで大きなフライパンを熱していたところ、装着していたカセットボンベの上までフライパンが覆っていたため輻射熱で過熱され破裂し、カセットボンベのガスにこんろの火が引火して、床や壁、電化製品などを焼き、玄関扉や窓ガラスが破損しました。

 CASE-2

 飲食店の厨房で、調理のためガスこんろを使用していたところ、こんろのそばにカセットボンベが置かれていたためにガスこんろの熱を受けてボンベが破裂し、ボンベ内のガスに引火して雑品を焼き、ガラス扉などが割れました。

カセットこんろの画像 カセットボンベの上まで鉄板やフライパンなどを置いて調理すると、ボンベに熱が伝わり破裂して、中のガスにこんろの火が引火して火災になります! 安全な製品も使い方しだいで、火災などの事故につながります!

火事になるまで

 一般的に「カセットボンベ」と呼ばれているものは、「カセットこんろ用燃料容器」として日本工業規格(JIS)によりサイズや容量などが定められています。カセットボンベは、こんろやキャンプなどで使用するバーナーなど用途が多くてとても重宝される存在です。

 しかし、カセットボンベの中には、主にブタンなどの液化ガスが充てんされており、沸点(沸騰する温度)が氷点下なので常温では気体になろうという力が働いていまるため、ボンベの周りの温度が上がれば、ボンベ内の圧力がどんどん上がって、最後には破裂してしまいます!

 ボンベが破裂すれば、当然中のガスが放出されて、約250倍に膨れ上がり、火種があれば引火して火災となります。

途中まで使用したカセットボンベを台所や調理場などに置き忘れていることはありませんか?

「身を守る!」

火を使用する付近には、カセットボンベを置かないようにしましょう!カセットボンベの温度が上がらないように使用しましょう!カセットこんろ等の取扱説明を守りましょう!カセットボンベの屋内でのガス抜きは絶対にやめましょう!

カセットこんろとカセットボンベ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

火災調査担当の現場レポート「火事を知り!身を守る!」(トップへ)


探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

消防局 予防部 予防課(調査鑑識)
電話: 06-4393-6555  ファックス: 06-4393-4580
住所: 〒550-8566 大阪市西区九条南1丁目12番54号(3階)
※月曜日から金曜日の9時00分から17時30分まで
(土曜日、日曜日、祝日及び12月29日から翌年1月3日までは除く)

メール送信フォーム