ページの先頭です

大阪市内における現在の実施状況

2020年7月14日

ページ番号:22173

大阪市内における現在の実施状況

現在の施行地区の位置図

※令和2年3月末現在の土地区画整理事業の実施状況

大阪市が施行している事業

令和2年3月末現在、大阪市施行では、2地区において事業を実施しています。

各地区の概況は以下のとおりです。

淡路駅周辺地区土地区画整理事業

  • 淡路駅周辺の老朽木造建物の密集した地区における事業です。阪急連続立体交差事業にあわせて淡路駅周辺の交通の円滑化を図るとともに、密集状態の解消によって防災性の向上と良好な住環境の整備を進めています。

    →淡路駅周辺地区土地区画整理事業の詳細はこちら

三国東地区土地区画整理事業

  • 老朽木造建物が密集した地域であり、密集状態を解消し安全で災害に強い都市基盤の整備と良好な住宅市街地の形成を図るために実施しています。 

    →三国東地区土地区画整理事業の詳細はこちら

個人施行の土地区画整理事業

令和2年3月末現在、5地区で実施しています。

瓜破東2丁目地区土地区画整理事業

  • 本地区内は、公図上に旧里道や水路等が存在し、現況の土地利用と公図が不一致となっており、また、土地形状が不整形のため、その有効利用が困難となっている宅地が存在しています。そこで、市営瓜破東第3住宅の老朽化に伴う建替えを機に、市営住宅及び隣接する宅地の整形化による宅地の利用増進を図ることと、地区内に新たに道路を配置することによる周辺住民の交通の利便性の向上かつ円滑化に寄与することを目的として実施しています。

     →瓜破東2丁目地区土地区画整理事業の詳細はこちら

西喜連住宅第2地区土地区画整理事業

  •  本地区内は、昭和30年代における大阪市営住宅の建設時などに伴い、その都度一定の基盤施設の整備が行われてきましたが、市営住宅敷地内に現状道路として使われていない旧里道の認定道路が存在するなど、現況の土地利用状況と地籍図とに齟齬のみられる地区です。そこで、土地区画整理事業により、現況と公図を一致させるとともに、認定道路の付替え及び周辺の道路整備を行うことで、健全で良好な市街地を形成することを目的として実施しています。

     →西喜連住宅第2地区土地区画整理事業の詳細はこちら

 

瓜破東二丁目第2地区土地区画整理事業

  • 本地区内には、地籍図上旧里道や水路が存在し、現況の土地利用と地籍図に齟齬が見られる地区です。そこで、地区内の市営瓜破東第3住宅の老朽化に伴う建替えに併せ、区画道路の整備及び土地の区画形質変更を行うことにより、宅地の利用増進を図り、また、既に着手されている土地区画整理事業の瓜破東2丁目地区と区画道路の連続性を図ることにより、生活道路としての交通の利便性の向上及び円滑化を進め、健全で良好な市街地を形成することを目的として実施しています。

    →瓜破東二丁目第2地区土地区画整理事業の詳細はこちら

    生江三丁目地区

    • 本地区には、大阪市市営住宅(生江住宅)のほか、生江青少年会館及び市民交流センター等が立地していますが、人口減少などの住宅環境の変化や施設の老朽化に伴い、それらの施設の再編が必要な状況にあります。また、本地区の存する旭区では「安全で安心できる旭区づくり」、「やさしくて、あたたかい旭区づくり」を目標に、その実現のため、若い世代の定住促進など『少子高齢化対策』と『賑わいの創出』に取り組んでいます。 そこで市営住宅等施設再編の円滑な推進と、それを契機とした地域のまちづくりにより、住環境の改善を図り、まちの再生、活性化に資することを目的として実施しています。

        →生江三丁目地区土地区画整理事業の詳細はこちら

    福島区海老江七丁目9・10番街区周辺地区

    • 本地区は都心に近い交通至便な地域にありながらも現況の土地利用と公図上の土地の形状に大きなずれがあることで有効な土地利用が妨げられている地区です。そこで、地籍整備型土地区画整理事業により現況と公図との一致を図るとともに建築基準法第42条第2項及び同法附則第5号として指定された「みなし道路」を換地線により明確にし、隈切りの整備を行うことにより、建替えや土地取引を容易にし、老朽住宅の建替えを促進する土地利用更新環境の整備を図ることを目的として実施しています。

       →福島区海老江七丁目9・10番街区周辺地区土地区画整理事業の詳細はこちら

    区画整理会社施行

    令和2年3月末現在、1地区で実施されています。

    平林四号池西地区土地区画整理事業

    • 本施行地区は、本市在来臨海部に位置し、地区の大部分が遊休化した水面貯木場となっています。当事業では平林四号池東地区に続き、この水面貯木場を埋め立てて、大規模工場施設等の立地を可能とする宅地の造成および公共施設の整備改善を行い、その大規模画地に生産・物流産業拠点となる施設等を導入することにより、地域の活性化、雇用の促進を図ることを目的として実施しています。

         →平林四号池西地区土地区画整理事業の詳細はこちら

    独立行政法人都市再生機構施行

    令和2年3月末現在、1地区で実施されています。

    大阪駅北大深西地区土地区画整理事業

    • 本事業は、関西圏における枢要な鉄道交通の結節点かつ業務・商業の一大集積地である立地条件を活かし、都市再生緊急整備地域「大阪駅周辺・中之島・御堂筋周辺地域」の整備目標、および国際的・広域的な拠点形成、ふれあいと賑わいのあるまちづくり、水や緑あふれる環境づくり、関西の強みを活かした知的創造を促す拠点づくりなど、「大阪駅北地区まちづくり基本計画」やみどりとイノベーションの融合拠点をめざす「うめきた2期区域まちづくりの方針」に位置づけられた魅力あるまちの早期実現をめざし、公共施設の整備改善および都市の再生に資する開発との連携により、都市機能の更新を図ることを目的として実施されています。

        → 大阪駅北大深西地区土地区画整理事業の詳細はこちら

        → 成長戦略拠点特区の『大阪駅周辺地区:うめきた(大阪駅北地区)プロジェクト』の詳細はこちら

    最近終了した土地区画整理事業

    • 大阪駅北大深東地区土地区画整理事業(都市再生機構施行:北区)
        平成25年3月 換地処分
    • 長吉東部地区土地区画整理事業(大阪市施行:平野区)
        平成25年8月 換地処分
    • 平林四号池東地区土地区画整理事業(平林土地区画整理会社施行:住之江区)  
        平成27年3月 換地処分
    • 大阪市茶屋町地区土地区画整理事業(一般財団法人都市技術センター施行:北区)  
        平成28年12月 換地処分
    • 福島区海老江八丁目1番街区周辺地区土地区画整理事業(福島区役所施行:福島区) 
        平成29年8月 換地処分 

    探している情報が見つからない

    このページの作成者・問合せ先

    大阪市 都市整備局市街地整備部区画整理課事業調整グループ

    住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所7階)

    電話:06-6208-9412

    ファックス:06-6202-7025

    メール送信フォーム