ページの先頭です
メニューの終端です。

乾電池・蛍光灯管・水銀体温計・水銀血圧計・マタニティウェア等・インクカートリッジ・使用済小型家電の拠点回収

[2016年4月1日]

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乾電池・蛍光灯管・水銀体温計・水銀血圧計の回収について

 大阪市では、アルカリ・マンガンの乾電池、蛍光灯管(直管・曲管・ボール型)、水銀体温計・水銀血圧計を回収しています。
 乾電池は、二酸化マンガン、亜鉛、鉄、炭素棒などで作られており、電子部品や鉄の原料にリサイクルされます。
 蛍光灯管や水銀体温計・水銀血圧計は、ほとんどがガラスで作られており、ガラスウール(断熱材)や水銀としてリサイクルされます。乾電池、蛍光灯管、水銀体温計については、回収ボックスによる回収及び、窓口による受付回収を行っています。水銀血圧計については、環境事業センター窓口による受付回収を行っています。 回収へのご協力をお願いします。

 会社や商店等などの家庭以外から出るものは回収できません。

蛍光灯管の出し方

 蛍光灯管は、破損防止のため、紙箱や紙筒に入れるか、新聞紙等で包んで持ってきてください。
 また、お子様だけで持ち込みをされないようにお願いいたします。


回収対象とならないもの

  ボタン電池・充電式電池については回収していませんので、販売店などに設置されている「ボタン電池回収缶」や「小型充電式電池リサイクルBOX」に投入してください。 (なお、リチウムコイン電池<型式番号CR及びBR>はボタン電池回収缶には投入できないため、普通ごみとしてお出しください。)
【参考】 (一社) 電池工業会 のホームページ別ウィンドウで開く

 デジタル体温計については、使用済小型家電の回収ボックスに投入してください。 

 電球・グロー球・LEDについては回収していませんので、厚紙などに包んで「キケン」と表示して普通ごみにお出しください。

                                         


マタニティウェア・ベビー服・子ども服の回収について

 資源の有効利用・ごみの減量を図るため、マタニティウェア・ベビー服・子ども服を環境事業センターで回収し、必要とされる市民の方に展示提供(無料)を行っています。(回収した衣類のうち、展示提供にそぐわないものについては、再資源化を図っています。)

  • 汚れがなく、再使用ができる衣類でお願いします。
  • 事前に洗濯してお持ち込みください。
  • 少量(1点から)でも回収いたします。

回収対象とならないもの

 マタニティウェア・ベビー服・子ども服以外の衣類、ベビー用品(ベビーカー・ベビーベッドなど)、おもちゃなどは回収できませんので、民間のリサイクルショップ等をご利用ください。

マタニティウェア・ベビー服・子ども服の回収申込

 マタニティウェア・ベビー服・子ども服については、お住まいの地域を担当する環境事業センターへの電話申込みにより、職員が無料でご家庭まで引き取りにお伺いしますので、お気軽にお電話ください。


▲このページのトップへもどる

マタニティウェア・ベビー服・子ども服の展示・提供について

 回収したマタニティウェア・ベビー服・子ども服は、環境事業センター等で展示し、市民の皆さんへ無料で提供しています。

 詳しくはマタニティウェア等の展示・提供のページをご覧ください。

マタニティウェア・ベビー服・子ども服

インクカートリッジの回収について

 大阪市では、プリンターメーカー6社が行う「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」に参加し、市民の皆さまがご家庭用で使用されたインクジェットプリンター用のインクカートリッジを投入いただく回収箱を区役所や一部の区民センター、図書館などの公共施設及びスーパーマーケットに設置し、回収を行っています。

 回収されたインクカートリッジは、再生カートリッジとして再使用するほか、ボールペンなどの材料とするなど様々な用途で再利用されます。また、回収したカートリッジ1個につき3円がプリンターメーカー6社から国連環境計画(UNEP)へ寄付され、森林保護などの環境保護活動に活用されます。回収へのご協力をお願いします。

 回収箱の設置場所については回収ボックス設置施設リストをご覧ください。

 会社や商店等などの家庭以外から出るものは回収できません。 

リサイクルの流れ

使用済小型家電の回収について

 大阪市では平成25年12月2日から、区役所等に回収ボックスを設置し、使用済小型家電を回収しています。
 
 携帯電話やデジタルカメラなどの使用済小型家電は、ごみとして捨てられたり、ご家庭に眠ったままになっているのが現状です。使用済小型家電にはレアメタルなどの貴重な資源が含まれています。
 そこでこの大切な資源を再生利用することを目的とし、使用済小型家電の回収を行います。これらをリサイクルすることにより、ごみの減量と資源の再生利用が進みます。
 
 使用済小型家電のリサイクルにご協力をお願いします。

回収する使用済小型家電

 電池・電気で動き、回収ボックスの投入口(15cm×30cm)に入る大きさのもの
回収する使用済小型家電の例
品目一覧
携帯電話端末ICレコーダー、ヘッドホン及びイヤホン等音響機器電気かみそり等理容用機器
パソコン(タブレット端末を含む)各種メモリ(ハードディスク、USBメモリ、メモリーカード)懐中電灯
電話機・ファクシミリ電子書籍端末時計
ラジオ電子辞書ゲーム機
デジタルカメラ電卓携帯ゲーム機
ビデオカメラ電子血圧計カーナビ
ポータブルDVDプレーヤー等映像用機器電子体温計カーオーディオ等車載機器
ポータブル音楽プレーヤーヘアドライヤーこれらの付属品(リモコン、ACアダプタ、ケーブル、充電器)

     デジタルカメラ


      ビデオカメラ


  ゲーム機・携帯ゲーム機


     携帯電話端末


  電子書籍端末・電子辞書


       パソコン


ポータブル音楽プレーヤー


これらの付属品(ケーブル)など

回収できないもの

  • エアコン、テレビ、冷蔵庫及び冷凍庫、洗濯機及び衣類乾燥機【家電リサイクル法対象品目】
  • 乾電池、充電式電池
  • 電球
  • 蛍光灯管
  • 投入口(15cm×30cm)に入らないもの

 

ご注意ください!

  • 携帯電話等、個人情報が含まれているものについては、あらかじめデータを削除してから回収ボックスにいれてください。
  • 一度、回収ボックスへ入れた使用済小型家電はお返しすることは出来ません。
  • ご家庭から出されるものに限ります。
  • 回収ボックスの投入口(15cm×30cm)に入るものに限ります。
  • 電池は取り外してから入れてください。
  • 袋や箱から出して回収ボックスに入れてください。また、袋や箱はお持ち帰りください。

回収ボックス設置場所

 区役所・区役所出張所等・市役所(本庁)・環境事業センター(市内40カ所)の公共施設に、専用の回収ボックスを設置しています。

 回収ボックスの設置場所については、回収ボックス設置施設リストをご覧ください。

使用済小型家電回収ボックス

受付回収窓口

環境事業センター  

 乾電池・蛍光灯管・水銀体温計・水銀血圧計・マタニティウェア・ベビー服・子ども服につきましては、環境事業センターの受付回収窓口にお持込みいただけます。
受付回収窓口

受付場所

電話番号

所在地

受付曜日

受付時間

北部環境事業センター

6351-4000

北区同心2-8-14

月~土曜日

8時30分~
17時

東北環境事業センター

6323-3511

東淀川区上新庄1-2-20

城北環境事業センター

6913-3960

鶴見区焼野2-11-1

西北環境事業センター

6477-1621

西淀川区大和田2-5-66

中部環境事業センター

6714-6411

東住吉区杭全1-6-28

中部環境事業センター出張所

6567-0750

浪速区塩草2-1-1

西部環境事業センター

6552-0901

大正区小林西1-20-29

東部環境事業センター

6751-5311

生野区巽中1-1-4

西南環境事業センター

6685-1271

住之江区泉1-1-111

南部環境事業センター

6661-5450

西成区南津守5-5-26

東南環境事業センター

6700-1750

平野区瓜破南1-3-40

  • 祝日も受け付けています。(年末年始を除く)

区役所

 区役所が開庁している間は、いつでも乾電池・蛍光灯管・水銀体温計を持ち込んでいただけます。

 マタニティウェア・ベビー服・子ども服については、お住まいの地域を担当する環境事業センターへ電話で申し込んでいただければ、ご家庭まで引き取りに伺います。


▲このページのトップへもどる

回収ボックスの設置について

 大阪市では、区役所などの公共施設や一部のスーパーマーケット等に、乾電池・蛍光灯管・水銀体温計・インクカートリッジの回収ボックスを設置しており、回収ボックスを設置している施設・店舗が開いている間、いつでもお持ち込みいただけます。

 回収品目については、店舗・施設により異なりますので、回収ボックス設置施設リストをご覧ください。

  会社や商店などの家庭以外から出るものは回収できません。

回収ボックス

 乾電池・蛍光灯管の回収ボックスを設置しているスーパーマーケット等には、「使用済乾電池・蛍光灯管回収協力店」「使用済乾電池回収協力店」のステッカーを貼っています。


回収ボックス設置施設リスト

Adobe Readerの入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

乾電池などの回収実績

 皆さまの回収へのご理解・ご協力のおかげで、平成27年度には乾電池 73トン、蛍光灯管・水銀体温計 18トン、インクカートリッジ 5トン、使用済小型家電 14トンがリサイクルされました。ご協力ありがとうございました。


▲このページのトップへもどる

ごみ出しに便利なスマートフォン用ごみ分別アプリをご利用ください

スマートフォン用ごみ分別アプリを配信しています(無料)

 ごみ分別検索や収集日カレンダーなど便利で分かりやすい機能を搭載しています。
 「ごみ出し日はいつ?」「これは何ごみ?」
 そんな疑問を解決します。

このページについてご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか

  • このページの内容は分かりやすかったですか

  • このページは見つけやすかったですか

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市環境局事業部家庭ごみ減量課市民啓発グループ

住所: 〒545-8550 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号(あべのルシアス13階)

電話: 06-6630-3259 ファックス: 06-6630-3581

メール送信フォーム

[ページの先頭へ戻る]