ページの先頭です
メニューの終端です。

かしこく食べよう!ゲンキをつくろう!

2020年6月1日

ページ番号:504851

「食」の大切さ

食育月間ポスター(農林水産省)
別ウィンドウで開く

「食」は生命の源であり、私たち人間が生きていくために欠かせないものです。また、健全な食生活を日々実践し、『おいしく・楽しく』食べることは、人に生きる喜びや楽しみを与え、健康で心豊かな暮らしの実現に大きくかかわります。

毎年6月は食育月間です!日頃の食生活について見直してみませんか?

大阪市では、第3次大阪市食育推進計画に取組んでいます。

第3次大阪市食育推進計画【めざす姿】

  • かしこく食べる-食に関する適切な判断力を持ち、その実践ができる
  • ゲンキをつくる-適切な食生活によって心と体を育み、生涯にわたって健やかな生活を送ることができる

【7つの基本テーマ】

野菜を食べよう

こんな方は野菜不足の傾向が!

大阪市食育推進キャラクターたべやん

•外食が多い
•食事の回数が少ない
•食事の品数が少ない
•食事に時間をかけない

「野菜ジュース」ではなく、野菜を「食事」として食べることの効果

食事全体の摂取エネルギーが減る


•肥満予防になる

噛む回数が増える


•食事時間が延び、肥満予防になる
•脳の活性化・歯の健康につながる

食事の時、野菜から先に食べると・・・

  • 血糖値の急上昇が抑えられ、糖尿病予防と血糖コントロール効果がある
  • 満腹感が得られ食べ過ぎが抑制され肥満予防になる

野菜に含まれるおもな栄養素とその効果


・ビタミンC:免疫機能を高める、がん・動脈硬化の予防
・食物繊維:脂質異常症予防、糖尿病予防、肥満予防、便秘予防
・カロテノイド:がん・動脈硬化の予防
・カリウム:高血圧予防

外食で野菜をたくさん食べるには?

やさいTABE店マーク

・野菜の小鉢がついた定食を選ぼう!
・単品(めん類のみ、どんぶりもののみ)ではなく、サイドメニューを追加しよう!

野菜をたくさん食べることができる「やさいTABE店」の登録制度が始まります

【1人前およそ120gの野菜を食べることができる飲食店】の登録制度です。登録店を募集しています!

たべやんLINEスタンプ
大阪市食育情報Facebook「たべやん通信」
別ウィンドウで開く

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市大正区役所 保健福祉課健康づくりグループ

〒551-8501 大阪市大正区千島2丁目7番95号(大正区役所3階)

電話:06-4394-9882

ファックス:06-6554-7153

メール送信フォーム