ページの先頭です

経営システム改革

2021年5月17日

ページ番号:224847

 官民の最適な役割分担のもと、官が担っている事業のうち、民間が担うことによりコスト削減やサービス向上が期待できるものは、積極的に民間活力の活用を推進します。

 見直しの方向性を定めるにあたっては、事業の法的位置づけ、受け手となる事業者の有無、公的関与のあり方などを総合的に検討し、事業が抱える課題の解決や早期の効果発現といった観点も踏まえつつ、民営化(民間移管)、公共施設等運営権制度の活用、地方独立行政法人化、指定管理者制度の活用、委託化など、それぞれ最適な形態や手法の導入をめざします。

 このような経営システムの見直しにより、これまで行政が果たしてきた公的な責務を一定担保しつつ、事業コストの削減とともに、市民サービスの維持・向上を図ります。

市政改革プラン3.0 (1)~(9)

市政改革プラン2.0【中間見直し版】 (1)-ア-1 ~ (1)-ウ-3

各事業の経営システム(経営形態)の見直し

事業名をクリックしていただくと、取組みの進捗状況など詳細説明に移ります。

1. 現在取組中の事業(「市政改革プラン3.0」に位置付けているもの)

経営形態の見直し

事業名         

(担当局 )                              

 見直しの方向性

 目標年度

水道

(水道局)

・管路更新事業等について、改正水道法に基づく運営権制度導入  

・令和4年度

工業用水道

(水道局)

・PFI法に基づく公共施設等運営権制度の導入

・令和4年度

下水道

(建設局)

・実現可能性が高い事業領域における民間活用手法の決定

・令和2年度 

幼稚園

(こども青少年局)

・原則として廃園又は民間移管

(実施の検討にあたっては個々の園や地域の状況を十分考慮して進める)   

・平成28年度以降順次

保育所

(こども青少年局)

・セーフティネットとして必要な保育所を除き、統廃合・休廃止も視野に入れながら、原則民間移管

・平成27年度以降順次

一般廃棄物(収集輸送)

(環境局) 

・民間委託化の拡大など、更なる経費の削減と、市民サービスの質的向上を推進するとともに、経営形態の検討も進める

・順次

市場(本場・東部市場)

(中央卸売市場) 

・最適な市場運営のあり方を検討し、あり方の方針を決定

・令和3年度

2. 現在取組中の事業(上記以外のもの)

経営形態の見直し
 事業名(担当局) 見直しの方向性 目標年度

福祉施設

(福祉局・こども青少年局)

・民間移管
(ただし、指定管理者制度を導入し、支援を受ける方が特定でき、運営主体が社会福祉法人である福祉施設)
・平成27年度以降順次

弘済院

(福祉局)

・附属病院・・・新病院等に機能継承
・第1特養・・・民間移管
・第2特養・・・新病院に併設する介護老人保健施設への機能継承
・養護老人ホーム・・・廃止 

・令和7年度

・第1特養 令和3年度以降

・第2特養 令和7年度

・平成26年度

市場(南港市場)

(中央卸売市場) 

・安定的・効率的な市場運営の実現(南港市場施設整備事業の推進) 

・令和6年度

3. 既に実現した事業

経営形態の見直し(実現済み)

事業名(担当局)

 見直し内容

 実現時期

病院

(健康局)

・地方独立行政法人設立

・平成26年10月

一般廃棄物(焼却処理事業)

(環境局)

・一部事務組合への移行 

・平成27年4月

地下鉄

(都市交通局)

・株式会社化

・平成30年4月

バス

(都市交通局)

・事業一括譲渡

・平成30年4月

博物館

(経済戦略局)

・地方独立行政法人設立

・平成31年4月

市営住宅

(都市整備局)

・指定管理者制度導入

・令和3年4月

動物園

(建設局)

・地方独立行政法人設立

・令和3年4月

 

  ※ 用語の説明

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 市政改革室 官民連携担当

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所4階)

電話:06-6208-9733

ファックス:06-6205-2660

メール送信フォーム