ページの先頭です

御堂筋の活性化

2019年10月4日

ページ番号:209650

概要(説明)

御堂筋及びその沿線における人々の行動形態やまちの状況を踏まえた上で、今後の御堂筋の道路空間利用のあり方について検討するため、平成21年12月に「御堂筋空間利用検討会」を設立した。その後、多くの市民や道路利用者のご意見等を踏まえ、平成24年3月に側道を活用して車中心から人中心の道路へ転換をめざす方向性が中間提言で示された。

本市では、御堂筋の将来像実現に向け、様々な取組みを実施している。

 

(注)大阪のメインストリートである御堂筋の取り組みや歴史について、下記のリンク先で詳しくご紹介しています。


←ここをクリック

発端(きっかけ)は何?

平成21年12月設立の「御堂筋空間利用検討会」において、御堂筋の将来像は「車重視から人重視の道路へ」という大きな方向性が示されるととともに、「大阪都市魅力創造戦略」においても「御堂筋フェスティバルモール化」の一環として、世界に発信するクオリティの高いにぎわい空間の形成に向けた歩行者空間の充実が位置付けられた。

寄せられたご意見

「グランドデザイン・大阪」の策定にあたって実施されたパブリックコメントや市民の声等において、御堂筋の道路空間の将来像について様々なご意見をいただいた。

 

平成26年度に、御堂筋における道路空間再編に向けた大阪市としての基本的な考え方などをとりまとめた「御堂筋の道路空間再編について(案)」にかかるパブリック・コメントを実施し、様々なご意見をいただいた。

 

平成30年度に、車中心から人中心のみちへと空間再編をめざす今後の御堂筋のあり方や公民連携したまちづくりのあり方など、今後御堂筋がめざすべき姿を示した「御堂筋将来ビジョン(案)」にかかるパブリック・コメントを実施し、様々なご意見をいただいた。

今後の予定は?

御堂筋将来ビジョンを実現させていくための段階的な取組みとして、まずは側道を活用した空間再編を進めていく。

どこまで進んでいるのか?

これまでの経過

平成24年4月1日:御堂筋約3.7kmの管理が国から大阪市に移管

平成24年6月19日:「グランドデザイン・大阪」及び「大阪府市都市魅力戦略会議報告書」を第14回大阪府市統合本部会議でとりまとめ

平成24年6月27日:大阪市戦略会議で 「グランドデザイン・大阪」を承認

平成24年8月30日:「大阪都市魅力創造戦略(素案)」を策定

平成24年12月27日:「大阪都市魅力創造戦略」を策定

平成25年11月23日~29日:御堂筋側道閉鎖社会実験(新橋交差点~難波西口交差点付近)の実施  (注)社会実験の結果についてはこちら

平成26年10月9日から19日:御堂筋にぎわい創出社会実験の実施  (注)社会実験の結果についてはこちら

平成26年10月15日から11月14日:「御堂筋の道路空間再編について(案)」にかかるパブリック・コメントの実施  (注)パブリック・コメントの結果についてはこちら

平成28年1月13日から11月10日:御堂筋の道路空間再編に向けたモデル整備の実施

平成28年11月11日:「大阪都市魅力創造戦略2020」を策定

平成29年11月から12月:モデル整備の効果検証の実施

平成30年7月31日:御堂筋将来ビジョンとりまとめ

平成30年10月9日から22日:御堂筋側道閉鎖社会実験(道頓堀橋北詰~難波西口交差点付近)の実施  (注)社会実験の結果についてはこちら

平成31年3月13日:御堂筋将来ビジョン策定

打合せ等の実施状況

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 建設局企画部企画課道路空間再編担当

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATCビルITM棟6階

電話:06-6615-6786

ファックス:06-6615-6582